勢いでジョブカフェへ

就労支援

おはようございます。

連日の遠出で今日は少し遅めの目覚めでしたが、午前中に起き上がることができました。嬉しいです。

昨日の記事で、就労移行支援の利用を考えていると書きました。

就労移行支援施設の利用には、障がい福祉サービス受給者証というものが必要でして、それは役所に申請し発行してもらわなければなりません。そのため、役所に電話で申請書類を郵送してほしい旨連絡しました。すると、聞き取り調査が必要とのことでした。

わたしがその仕事に携わっていた時と制度が変わっていたようで、面食らってしまいましたが、一旦電話で簡単な聞き取り調査をして、役所で面談とのことでした。

結果、就労移行支援施設の利用はできないとのことでした。

職場に復職プログラムがある場合はそちらが優先となり、復職プログラムがない場合に限り就労移行支援施設の利用ができるということでした。

かなり落胆しました。

更に、社会福祉士として大きく制度が変わっていることを知らなかったのも情けないなあと思いました。これは少し思っただけです。福祉制度は規模が大きいので。

しかし、では次だと色々とネットで調べましたが、わたしが現状で利用できる障がい者の就労支援というものがないことに気づきました。

次は絶望です。せっかくこれからは社会的な交流を取っていける、と思っていたのに。

そのとき、『ハローワーク』という文字が目に入ってきました。もしかしたら、ハローワークならばと思い、調べたところ、若者向けの就労支援を行っている施設があるとわかりました。各都道府県で名称は微妙に違うようですが、多くは『ジョブカフェ』と言われている施設です。

ちょうど出先だったのですが、すぐ近くにジョブカフェがあったため一直線に入っていきました。

利用者登録を行い、初回面談をし、詳細な経歴を入力しました。この間、1時間もなかったと思います。

面談員の方は経験豊富そうな方で、とりあえずこうしていきましょうと、すっと方針を立ててくれました。焦る必要はないという一言も添えて。

それだけで、なんだかとても安心しましたし、また社会の一員に戻れたかのような気持ちになりました。

今週中にもう一度面談予定が決まってしまいましたが、正直、こんなに早く決まると思っていなかったです。体調を崩さないように気をつけようと思います。

最近、体調が良く、勢いも良いため、これが躁転ではなく単なる元気であることを願います。

みなさんもご自愛ください。

もし、いいねと思っていただけましたら、ページ下部の『♡』をぽちっと押していただけたら大変嬉しいです。励みになります。

5+