【 急な不安に襲われる 】

双極性障害(躁うつ病)

おはようございます。

昨日は1日、家族が用事で出かけていたのでひとりでゆっくりと過ごしていました。

ひとりでいると、なにかと不安に襲われます。

特に将来のことです。

このまま身体と精神が回復するまで休職して、復職できるのか。

または、別の会社へ転職して再スタートするのか。

そもそも、また働くことができるのか。

こんなちっぽけで、病気になってしまうような自分が社会に必要とされるのか。

前みたいにできるのか。あの職場で、違う職場で、この社会で。

更に、甘いことを承知で書きますが、

今日のように1日家事をしてゆったりと音楽を聴いたりゲームをしたりして過ごす日常が穏やかすぎて、手放したくない。

社会で戦っていく自信のなさと現在の日常をできるだけ続けたいという思いで、先に進みたくないと思ってしまっています。

つまり、今この時に死んでしまいたいのです。

正直、今までの人生、「いつ死ぬか今日か、明日か」という気持ちでずっと生きてきたため、またあの日々に戻ると考えたら恐ろしくて恐ろしくて仕方ありません。

しかし、休職に入ってからやっと穏やかな日常が送れるようになって毎日感じていた希死念慮が自分でも驚くほど少なくなりました。

やっと自分を認めて、背中の荷物を降ろして。焦らない穏やかな日常を知ってしまうと、

あの生きるか死ぬかの日々に戻りたくないのです。

もしかしたら、病気を経験したことによって、復職しても穏やかに過ごせるようになっているかもしれません。

でもそれは現状ではわかりません。わからない、先の不安に憑りつかれているのです。



うつ状態の時は本当に波が強くて、今日のように波の底にいるときもあれば、波の頂点にいる時は早く復職して稼ぎたいと考えていたりもします。

まだまだ、病気に振り回されています。この状態では復職など遠いお話ですね。

働きたくないわけではないのです。

むしろ、働いて、社会に自分の居場所を作りたい。

でも、その場所がどこにあるのか。

今はまだ考えられそうにないようです。

こうやって、書き残しておかないと復職に焦って、更に不安が増強されるのでお見苦しいとは思いますがお付き合いください。

こうやってブログを続けていくことも将来のわたしへの投資となっていると思います。

文章を書くこと、毎日続けること。

そして、なによりこんな拙い文章を読んでくださる方がいること。

それらは、きっと将来のわたしの自信になります。

これからも気負いはせずに続けていきたいと思います。

ちょっと不安に疲れているようです。

余談ですが、不安が強いと夜が怖いです。

わたしは、『おばけ』の類がとても苦手なので、特にひとりの夜は電気をたくさんつけて音楽をかけて怖くないように過ごしています。夜が明けると、明るくて怖くなくて、いいですね!

みなさまもご自愛ください。

3+